予防接種|名古屋市中村区の内科・耳鼻科

名古屋市中村区の内科・耳鼻科 かすもりクリニック

予防接種

インフルエンザ

インフルエンザ定期予防

公害被認定者の自己負担費用の助成が2005年から新設されました。詳しい内容についてはお電話にてお問い合わせください。

インフルエンザ予防接種の有効性は

インフルエンザ予防接種の有効性は

インフルエンザ予防接種の有効性は世界的にも認められています。我が国においても高齢者の発病防止や重症化防止に有効であることが確認されています。

65歳以上の高齢者に対して行った調査では、予防接種を受けないでインフルエンザにかかった人の34%~55%は、予防接種を受けていればインフルエンザにかからずに済んだこと、また予防接種を受けないでインフルエンザにかかって死亡した人の82%は、予防接種を受けていれば死亡せずに済んだことが報告されています。

なお、予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、効果が十分に持続する期間は約5ヶ月間とされています。毎年インフルエンザが流行する前の12月上旬までに接種を受けておくとより効果的です。

また、インフルエンザウイルスは毎年変化しながら流行するため、毎年流行が予測されるウイルスにあった予防接種を受けておくことが必要です。近年の状況をみると、我が国のインフルエンザ予防接種は、そのシーズンに流行したウイルスを予防するのに効果的でした。一般的には、65歳以上の方は1シーズン1回の予防接種で効果があります。しかし、インフルエンザウイルスの型は大きく変異する場合がありますので、そのときはインフルエンザ予防接種について接種医や保健所等に相談しましょう。

PDFより詳しい情報を知りたいという方は
こちらをご覧ください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。
肺炎球菌は、肺炎を引き起こす細菌で、日常生活の中で一番肺炎にかかる事の多い原因菌です。
高齢者の場合、肺炎の症状が現れにくく、命に関わる怖い病気です。肺炎球菌には80種類以上の型がありますが、ワクチン接種で23種類に対して免疫をつけることができます。
肺炎球菌ワクチンの免疫(抗体)は、5年以上持続するといわれているため、今まで肺炎球菌ワクチン接種を受けた事のない方は、接種することをお勧めします。

名古屋市中村区の内科・耳鼻科 かすもりクリニック

お電話でのお問合せはこちら

pagetop