設備紹介|名古屋市中村区の内科・耳鼻科

名古屋市中村区の内科・耳鼻科 かすもりクリニック

設備紹介

マルチスライスCT(16列)

マルチスライスCT(16列)

CTスキャンはエックス線により体の輪切りの写真を撮影する検査です。従来のCTスキャナでは1回転につき1枚の画像データしか撮影できませんでしたが、マルチスライスCTでは体軸方向に並んでいる複数の検出器により1回転で複数のデータを撮影することが可能です。これにより、精度の高い立体画像を撮影することが可能になりました。

一度のX線照射で同時に撮影するため、スライス画像とスライス画像の間に差異がなくなります。また、被爆量が少なく、撮影時間も大幅に短縮できます。

経鼻内視鏡(苦痛の少ない胃カメラ)

経鼻内視鏡(苦痛の少ない胃カメラ)

先端にカメラの付いた、細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査機です。 口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。 体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。 気持ちを楽にして検査を受けていただくことが可能です。

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査

超音波検査はエコー検査とも呼ばれ、健康診断の中で行われる検査でもあることでご存知の方も多いと思います。 超音波という高い周波数の音波を利用して、身体の中の状態を診ます。

腹部の臓器(肝臓・膵臓・胆嚢・腎臓)やリンパ節、虫垂、甲状腺、腸管など多くの部位での病気や臓器の周囲や血液の流れなど細かな部分もみることができます。

電子内視鏡(ファイバースコープ)

電子内視鏡(ファイバースコープ)

耳鼻咽喉科の疾患では、まず耳・鼻・のどの局所所見を正確にとる「視診」が、診断の第一歩となります。鼻や喉の奥は鏡を使って見ますが、喉の反射が強いと検査が難しく、よく見える方でもどうしても「死角」になる部分があります。

そのため、当院では電子内視鏡(ファイバースコープ)を使って鼻から喉にかけてよく診察し、より細かく診断させていただいております。

ヘルストロン

ヘルストロン

当院ではヘルストロンをご用意させていただいております。ヘルストロンとは、日本ではじめて厚生労働省に医療用具として承認された電位治療器のことで、株式会社白寿生科学研究所が販売しております。

一般の家庭用電化製品でも使用されている交流式の電気を用いた交流高圧電界装置で、頭部に設置した電極と足元の電極の間に通電することで高圧電界をつくり出します。電界がやさしく体を包み込む方式なので、電気特有のビリッとした感触もなく、安心して使用できます。

名古屋市中村区の内科・耳鼻科 かすもりクリニック

お電話でのお問合せはこちら

pagetop